就労支援の取り組み

花の仕事を通じて、生きる自信につなげてほしい。
元気に楽しく働き、「稼ぐ力」を身に付け、社会との繋がりをもってほしい。

「花」を通じて私たちHaRuができること。

就労支援施設と消費者を繋ぐ
花のビジネスモデルでみんな笑顔に!

社会的な立場が弱い方々に「花」の仕事を提供し、販売する・売れる一連の流れを生み出します。

はじめまして!兒嶋陽子です。鳥取でフラワーショップとフラワーアレンジメント教室を2000年に起業して「花」一筋でやってまいりました。16年の年月が経ち年齢も重ね、自分の培ってきた技術や知識・経験が地域や社会に貢献できないだろうか、「花」で何かお役に立てないだろうかと模索してきました。

花に宿る不思議なチカラ。

花に触れている時間は精神的にも落ち着き、穏やかな表情になります。長く苦しい引きこもり生活を経験した夫、障がいを持って生まれたお子さんのお母さんと出会い、そのような人々に花の制作する技術を教え、作ってもらい、販売することができれば、社会との繋がりを持て作り手も買い手も幸せになれると考えました。

きっかけ

夫との出会い、障がいのお子さんを持つお母さんとの出会いで
花の仕事にある“先”を考えるようになりました。

花の技術をもっと社会貢献にと思っていた頃、パン職人である夫(十数年間の引きこもり生活&就労支援施設の支援スタッフ経験者)と結婚し、より理解し合い、助け合いながら仕事をしていく中で、その思いはさらに大きくなりました。

この、「制作=花に触れる」という行為が心癒されるのなら、私たちが「制作する」のではなく、それを求めている人たちにしてもらったらいいのではないだろうか。その思いはどんどん大きくなっていきました。ここ数年、花の教室へ通ってきてくださる方々も、単なる楽しいだけの趣味ではなく癒しを求め、心のよりどころを探し求めておられる方がたくさんいました。

「働くこと=商品の制作」で、喜びを感じてほしい!
しかし、利益がでなければ事業も成り立ちません。

これを聞いて、必要なのは工賃アップに繋がる高付加価値のある商品の提案と高い技術とセンス、安定した材料の提供、最大の販路となる全国に向けての販売専用のショップサイトを作ることだと思いました。就労支援施設に「安定した仕事の提供」「高い技術力の伝達」を行い、制作されたプリザーブドフラワーをショッピングサイトで販売をしていきます。

「自分が作ったものが選んでもらえる」という達成感を得てもらうことが大きな目標

既存の下請け作業ではなく「売るために作る仕事」という高い意識で「自分が作ったものが選んでもらえる」という達成感を得てもらうことが大きな目標です。フラワーアレンジメント教室に来ている女の子のお母さんから、不登校で学校には行けないけど、花は楽しいから通いたいと言っていると聞いています。楽しく、癒される「花」で生き生きと輝ける環境を作り、作成するサイトで販路を広げる挑戦をします。

鳥取からの全国へ広がる挑戦
「働くこと」は「楽しいこと」だと伝えたい。

今回、私たちが就労支援の事業所に、「技術と販路の提供」するのは、全国で同じような事例を作れると考えているからです。鳥取だけではなく全国の仕事のない若者や引きこもりがちな人たち、障がいをもった方々も元気に楽しく働き、社会との繋がりをもってほしいと思っています。

私たちの目標・最終ゴールは、実店舗のオープンとそれを全国に広めることです。

私たちが暮らす鳥取は、自然が多く食べ物もおいしく住みやすい田舎ですが、過疎化が進み、若者は県外へ転出し人口減少がとまりません。誰もが支え合い、自立を目指すこの取り組みが、地方創生にもなっていくことを願います。どうか、私たちのささやかな夢を叶えるために力を貸してください。

花でウェルフェアトレードの
輪を繋げるという願いを込めて

※ウェルフェアトレードとは「Welfare=社会福祉」と「Fare Trade=公正な取引」を掛け合わせた造語で、社会的弱者と呼ばれる人たちがつくる製品やサービスを、適正な価格で購入・利用することによって、当事者の人たちが、働く喜びと生きがいを持ち自立できることを支援する仕組みです。

ビジネスモデル

最新の活動情報

お問い合せ

お電話でお問い合せ

0857-39-7166 0857-39-7166
【営業時間】
平日9:00~18:00
日・祝祭日10:00~18:00
【定休日】
火曜日・第2月曜日
facebook
トップへ戻る